尿の中に血が混ざってしまう種類

こういった症状は、実は細かく分類をすることができるんです。
尿の中に混ざった血、というのは赤血球が混ざっているということでもあるのですが赤血球の程度によって尿の中に血が混ざってしまう症状の種類が変わるのです。

主に、それらの分類を区別するのは出血する原因によるんですね。
おもに、血が尿に混ざってしまうという症状は感染症、結石、腫瘍が原因になりやすいですね。

他にも、腎臓の糸球体腎炎というような糸球体の炎症によって引き起こされる現象もありますね。
女性の場合は、膀胱炎などの尿路炎症なども原因になることがあるんですね。

他にも、事故や負傷などによって尿路が損傷してしまい出血すると血が尿に混ざってしまうこともあります。
さらに激しい運動によって、腎臓が正常な機能を取り戻すために過剰な働きをすることで出てしまう場合などもあるんですね。

尿路の血が尿に混ざるおもな症状

まず、腎臓の場合は腎孟腎炎が感染によるものです。
結石は腎結石、腫瘍は腎臓ガン、腎孟癌が原因になります。
他にも、糸球体腎炎が原因のときは急性糸球体腎炎、IgA腎症、膜性腎症、急速進行性腎炎、巣状糸球体硬化症などが原因としてあげられますね。

外傷が原因の場合は、腎外傷が原因となり他にもナットクラッカー症候群や、腎動脈瘤といった腎血管異常が原因になります。
さらにそこから下の尿管は尿管結石か尿管癌が原因だと考えられます。
膀胱の場合は膀胱炎、膀胱結石、膀胱癌が原因でしょう。

そして尿道は尿道炎と同時に、男性の場合は前立腺炎などの前立腺疾患などが考えられます。
他にも、尿道結石、尿道腫瘍、前立腺癌、尿道損傷などが原因だと考えられます。
それぞれ、感染症、結石、腫瘍によって度合いが違うので慎重に観察しなければいけません。

病気が進行する前に受診する

血液が尿に混じるというのは、それ自体では病気の重さを図るのはなかなか難しいのです。
尿道炎や膀胱炎なんか治療も簡単ですし、激しい運動の後の血が混じった尿は体には何の悪影響もありません。
しかし、原因が腫瘍となってしまった場合は癌である可能性が出てきますので病気が進行する前に治療をする必要があります。