時折、体調の変化などによって尿に血が混ざって出てしまうことがあるのですが、こちらは確かに悪い病気のサインのこともありますが必ずしもそうだとは言い切れないので、血が尿に混ざってしまっているからと言って慌てる必要がないんです。
日本において、尿に血が混ざってしまう人は40代以上の人だと30人に1人くらいが出てしまうということがあるんですね。

尿に血が混ざっているとはどういうことか

尿に血が混ざっている、ということは体の何かの不調を知らせるというためであることが多いです。
しかし、具体的に何のサインなのかを知るということがとても大事なことなんですね。
さて、それを知るためには尿の構造についてを考えるのが最も合理的だと言っていいでしょう。
尿というのは、腎臓で作られるものなのですがそれが尿管、尿道を通ってから排出されるようになっているのです。
そういった、尿の通り道のことを総称して尿路というのですがその尿路に何らかの異常が出てしまうのですが尿路のどこかでガンができてしまっていたり、結石ができてしまう、あるいはウィルス感染や雑菌などによって炎症が起こってしまうことで出るものなのです。

なぜ尿に血が混ざるのか

かなり原因が沢山あるのですが、こちらは腎臓の系球体というものが血液が出ることにより、尿素が出来上がるときに腎炎など、系球体に病気があったりするとそこから出血して尿に血が混ざってしまうんですね。
もしくは、尿路にある腎孟、尿管、膀胱、尿道で出血を伴うような疾患があると同様に血が尿に混じってしまうことがあるんですね。
ただ、尿に血が混ざってしまうということ自体はたとえば整理中の女性のように体の外に尿が出る際にそこで血液が混入してしまう場合がある、ということなんですね。
ただ、この場合は血液に含まれている蛋白分が混ざるので、尿蛋白も陽性になるようになっているんですね。

尿に血が混ざると出る症状

尿に血が混ざるという時は、実は尿の色が微妙に違うのです。
尿が真っ赤なこと、ピンク色、茶褐色、そしてさらに出血が多い場合は血液の塊が混じってしまうこともあるんですね。
逆に、赤血球の量が少ない場合は肉眼ではその変化を確認することができないのです。
そういう場合は、健康診断や内科での尿検査などで発覚するということが多いんですね。

ただ、症状が出ないタイプで血が尿に混ざっているのは尿路腫瘍ができている可能性があるんですね、こちらは危険です。

逆に激しい運動をした後などに尿が赤かったりする場合はこちらは実は全然危険がないんです。
なので、尿に血が混ざるということも前後の行動などを振り返って見ることが重要なんです。
症状がない場合は、放っておくことが多いのですが尿路内に癌ができてしまっている場合は、それに気付かずに病状が進行してしまう危険性があるんです。
なので、ただ血の尿が出てしまうという場合は前後の行動や状況などを思い出して、その血は一体どこから尿に混じっているのかということを考えることが大事なんですね。

血尿が出た時は重病になっているサイン?

血の混ざった尿、というのは尿に関する器官に対する何らかのトラブルが起きていることが多いんですね。
もしも、血が尿に混ざってしまっている場合も痛みがないという時は放置してしまうことが多いのですが、それが重大な病気のサインであることもありますので、放置してしまうと重大な病気をそれと知らずに進行させてしまうこともありますので尿の色の変化に気づいたらすぐに受診しましょう。

【広告PR】
ゼネグラ 通販
あなたの勃起に大切なペニスに必要な海綿体の血流を正常に増加をさせる作用があるED治療薬です